FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最初に言っておきますが、サボってたわけじゃないんです><;
実はお預かりしたストラトボディなのですが、大量生産品の宿命か結構下地にダメージがありまして・・・雑に研磨した生地にほぼプラスチックの塊じゃないかってくらい中塗り塗料を盛ってあったんです。
それを剥がして凹んだ所を湿布しては乾かし、出っ張っては均し、いい所で他が忙しくなり・・・・悪循環でした。
そして、大分削って本来のスワンプアッシュの豪華な木目が美しい状態まで漕ぎ着けました。
冬が明けて気温が緩くなったこともあり、いよいよ塗装工程に入ろうというわけです。


 さて、早速その美しいお姿をば。
DSCN1250_convert_20130428175457.jpg
これは下地が既に出来上がっている研磨した後の写真です。
かなり前の記事になりますが、旧塗膜を剥がした直後の写真と比べても、はっきりとした杢が出てますね。

 ちなみに今回オーナーさんと相談した結果決まった塗装表現なのですが、ニトロセルロースラッカーでの塗装であることを最大限に活かしつつ好みのイメージに近づけるために、木材の導管の凹凸をそのまま生かす手法である、オープンポア仕上げに決まりました。

 言葉で表現するのは難しいですが、例えば木目を活かす塗装法として透明な塗料を使うことがありますが、木目が目で確認出来るからと言ってオープンポアかと言えばそうではなく、木目が目で見えていても導管の凹凸が手で確認出来なければクローズポアという塗装になるのです。

 逆に、例えば黒一色で塗りつぶされていて目で木目が確認出来なくても、手で導管の凹凸が確認出来ればオープンポアということになります。

 オープンポア仕上げの場合、導管を埋めるための中塗り工程が省かれるため、塗膜そのものをかなり薄く仕上げることが出来ます。
温度や湿度の管理や、手入れはかなりデリケートになりますが、木材が持つ本来の振動伝達性は妨げられないので、よく鳴る楽器になるんじゃないかと思われます。

 下地のシーラーを吹き付けしました。
DSCN1251_convert_20130428175519.jpg
写真で判るかなぁ・・・。
濡れ色になったせいで、導管の模様がくっきりと浮かび上がりました。
で、写真では判別出来ないけど、色の濃い導管部分はシーラーが沈み込んで艶が出てないのに対し、白く見える目の詰まってる部分はシーラーでコーティングされて艶が出ています。
つまり、この艶の無い部分が最終的に凹になるわけです。

 次回はいきなり上塗り塗装に突入ですよw
カラーは、乳白色(やや透き通った白)です。
いわゆる「ブロンド」ってやつですな。
目鼻立ちのくっきりした美しい白人女性の様なボディに仕上げなきゃね。


 以上、久々のその3でしたw
スポンサーサイト

<< YOUのランディV その11 | ホーム | YOUのランディV その10 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。