FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 寒い東北の冬が終わると作業が快適でいいね^^
ほら・・・俺トカゲ男だから寒いと死ぬし・・・喋ってないと死ぬし・・・。
喋る相手が居ないから作業が進まなかったわけじゃないからね!


 さて前回の続きです。
ネックの製作もいい感じに進んでます。
色々組みあがってくると、なんかこうワクワクするよね。

 ペグのワッシャーの座りを考えて座繰りを掘ってます。
DSCN1214_convert_20130428174509.jpg
なぜこうするのかと言うと、丁度このワッシャーが座る位置が、ボディと同様の意匠なため斜めになるんです。
ペグはヘッドに垂直に付く物なので、ここが斜めだと大変な事になりますよね。
まあ、先の写真で理由がわかるはず。

 ヘッドの両端を斜めに削っています。
DSCN1220_convert_20130428174545.jpg
これが難しいんだわ。
斜めにしかも面が湾曲しないようになので、手首をがっちり固定です。
腱鞘炎の前触れ的動作ですねw

 例の如く、斜めになったことで滲んでしまったトップ材の直線出ししてます。
DSCN1218_convert_20130428174613.jpg
こういう作業はガキの頃から得意技です。
図工の授業の版画などで、やたら小学生らしくない物を仕上げてしまうタイプでしたw
先生のお手本を見てさ、「大したこと無いなぁ」とか思った記憶があるな・・・・ムカつくガキだったなぁw

 ヘッドはこうなったのです。
DSCN1228_convert_20130428174632.jpg
これを見れば判ってもらえるはず。
両端の茶色の所が斜めになっているんです。
ペグワッシャーの位置を縦断してますよね。
なのでワッシャーの底面がキチンと座る様にこうしました。

 指板接着の前に、指板のロックナットが座る部分を少し削っておきます。
DSCN1226_convert_20130428174702.jpg
今回のギターは、指板周りにバインディングが入ります。
ロックナット下に不自然な隙間を作りたくなかったので、この段差の横にもバインディングを付けて、後でそれごと高さ調整しながら削ってしまおうという腹です。

 指板接着に向けて、ネック・指板の接着面の平面を研ぎ出しします。
DSCN1231_convert_20130428174727.jpg

DSCN1232_convert_20130428174752.jpg
丈夫な接着は先ず下地からが基本です。
ただ、木工の接着って、あまり滑らか過ぎてもだめみたいなんだ。
ある程度肌が荒れてた方が、接着剤の食いつきがいいみたいです。
肌が荒れてて喜ばれるとは、正に女性の敵ですなw

 はみ出たボンドを取りやすくするために、きっちりの精度でマスキングします。
DSCN1233_convert_20130428174816.jpg

DSCN1234_convert_20130428174843.jpg
ここに時間を掛けておくと、後々かなり楽に綺麗に仕上がります。
はみ出たら削ればいいだけの話ですが、「削る」というのは「無くなる」ということでもあります。
折角出した平面や直線が崩れるのは耐えられないですからね。

 そしてタイトボンドを塗り塗り。
DSCN1235_convert_20130428174905.jpg
ほぼ均一に、そして少し多めに付けます。
圧着した時に周りから溢れてくるくらいじゃないと安心出来ません。

 あらかじめ細工しておいた細釘をずれ止めにして指板を乗せます。
DSCN1237_convert_20130428174932.jpg
ずれないと判っていても不安なこの瞬間・・・。
実は意外に小心者ですw
え・・・・知ってた?

 クランプ総動員で圧着。
DSCN1238_convert_20130428174959.jpg
いいね、この絵面w
まるで建具屋さんの工場のようじゃないか!

 周りから「にーーーっ」とボンドが溢れてくるのを見届けて一安心。
DSCN1239_convert_20130428175021.jpg
この後はひたすら放置するしかありません。
春とは言ってもまだまだ寒い秋田の春です。
接着には十分時間をかけたいと思います。
この1時間後に既に外したい衝動に駆られて、嫁さんに「絶対だめ!」と叱られましたw


 今回はここまでです。
こっちじゃ既に外してる姿を見てるわけなんだけど、やっぱ指板乗るとかっこいいね^^
「地味派手」という言葉がぴったりな感じに仕上がってますよ。
次回をお楽しみに。


 もう一つ載せたい記事があったんだけど、同じ日に2つ載せちゃうと片方が霞んでしまうんで止めときますw
下書きだけ書いて明日公開しようかな。
参考までに、ずーーーーっと預かりっぱなしになっていて、かなり前に一度ブログに登場したK山さんのストラトボディです。
マニアックなオーダーにより、すごーーーく渋い感じになってます。
そちらもお楽しみに^^


 以上、その10でした。
スポンサーサイト

<< かなり久々のK氏のストラトキャスター再塗装 その3 | ホーム | YOUのランディV その9 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。