FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 更新が滞ってますが、作業は慎重にではありますが着々と進んでますよー。
まだ寒いけど雪も溶けたし、気温も零下になることもなくなりました。
塗装や接着と色々作業しやすい季節になりました。


 さてさて、経過報告です。

 ネックのシェイピングを行ってます。
DSCN1207_convert_20130413190649.jpg
厚みと丸みをまずは大雑把に、のこやすりで肉を落としていきます。
勿論かなり慎重にです!
木材は削ることは出来ても、盛ることはできないですからね・・・。
床屋に行って、「おっちゃん、髪伸ばしてくれ。」って言うのが不可能なあれと同じですw

 ボディのザグリに合わせてネックの接合部の角を丸くしています。
DSCN1210_convert_20130413190804.jpg
ここって普通は指板をひさしの様に伸ばして隙間等が見えなくなってる物がほとんどなのですが、ボディのヒールを大分斜めに薄くしてるので、少しでも多くジョイントさせたくてひさし式は止めました。
従って、直線は勿論のこと、この丸みもボディ側に隙間無くぴったりと収まって欲しいところ。

 ネックとボディのはめ合いをチェックします・・・・どきどき・・・・・。
DSCN1211_convert_20130413192805.jpg
ぴったりじゃないですか!
隙間もほぼ見えません。
ホッと胸を撫で下ろす瞬間です。

 指板のフレット溝が切り終わりました。
DSCN1209_convert_20130413190741.jpg
しっかしエボニーは硬いね。
削りカスがまるで砂の様だ。
しかも硬いってだけで丈夫(粘り強い)わけじゃないから端がめくれるめくれる;;
YOUさんの希望により、今回はサイドポジションのみで、指板ポジションマークは無しです。
それでよく弾けるよなぁ・・・凄いと思う!

 指板アール用の当て木で、指板に丸みをつけます。
DSCN1208_convert_20130413190721.jpg
このギターもロック式トレモロユニット搭載なので、指板のアールはかなり平らに近いです。
アールが大きいと作業が楽でいいですw


 と、こんな感じでしょうか。
少しずつ完成の姿が見えてきて楽しいですよー。

 実はブログにはまだ載せられないであろう写真が1枚あってね・・・。
それはMASAさんの携帯にでも送っておこうw
そんなもん載せてしまったら今後記事書けなくなっちまうしw


 以上、その9でした。
スポンサーサイト

<< YOUのランディV その10 | ホーム | YOUのランディV その8 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。