FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日友人が遊びに来た。
俺がガキの頃からつるんでる友人だ。
もう32年も遊んでるのか・・・長いけどあっという間だったなw

 明日は俺の43回目の誕生日だ。
その友人が1日早い誕生日プレゼントを持ってきてくれたんだ。
貧乏な時はプレゼントは無し、金に余裕があるときは気持ちを贈ろうとお互いに決めて、もう何十年も祝いあってきた仲だ。

 今年のプレゼントはこいつだったよ。
CA3F0209_convert_20120616221126.jpg
俺の大好物、シングルモルトスコッチウイスキーの「アイラの女王」ことボウモアだ。
スコットランドのアイラ島のお酒だけあって、ほんのりではあるが正露丸臭さが効いてる飲み易い酒だ。

 とりあえず、ありがとう。
じっくり時間かけて飲ませてもらいます^^(すぐ無くなりそうで怖いが・・・)



 ついでに語ろうか、ウイスキーの話。
最初に言っておくが、酒は度数が強い程偉いとか、ウイスキーはストレートで飲むのが偉いとか、薀蓄知らないとウイスキー飲んじゃいけないなんて思ってる馬鹿はここで退散しろよ。

 そういう馬鹿に言っといてやるよ。
アルコール度が高いほど偉いってなら、消毒用のアルコールでも飲んでな!100%だからwそれが出来たら認めてやるよ!


 さて、よく人と話をしてるとさ、「ウイスキーをロックで飲んでみたいけどキツい。」なんて話を聞く。
かく言う俺も、ウイスキーはおろか、酒と呼ばれる物を普通に飲むようになったのは35歳過ぎてからだからねw
「飲んでみたいけど勇気が・・・」って人はさ、なにかきっかけがあればきっと美味しく飲むようになるんだよ。
俺も飲むようになったきっかけは、「ビンがかっこ良かったから」、「部屋に置いてあったらロッカーっぽいじゃん?」っていう軽薄で不純な理由からだったしw

 そのきっかけになるかは判らないけどさ、参考にしてくれたら嬉しいから書いておく。

 まずは酒売ってる店に行って、部屋のオブジェとしてもかっこいいと思うウイスキーを買う。
値段ケチっちゃだめだよ。
でも一番かっこいいと思えたのがたまたま安かったならそれでいい。

 買ってきたら、先ずは蓋を開けるところから始めよう。
開けたら匂いを沢山嗅いでみようよ。
それだけでもお酒を楽しんでることになるんだから。

 次は、小さいグラスに数滴でもいい、ほんのちょっぴり入れてさ、唇に付けて舐めてみよう。
不味いって思ったら、それは飲むタイミングじゃないね。
すぐに蓋をして、いつかまたどんな味だったか確かめたくなるまで、部屋に飾っておこうよ。
それでいいんだから。
だって自分で買った酒じゃない?飲み方やその後どうしたかなんて、どうしようと勝手!余計なお世話ってもんだ。

 舐めてみて「美味しいな」って思ったら、また同じことを繰り返せばいいよ。
よくテレビなんかじゃウイスキーをストレートで「カッ」と一気に飲んでさ、何事も無かったような顔してるシーンなんて見かけるけどさ、ありゃアル中のやることだ。
初めて飲む人が出来なくて当然だし、舐めるだけでも味はちゃんと判るから。

 飲みづらいからってコーラとか水で割るのは勧めないよ。
なんでかって言うとね、飲みやすくなる分、飲みすぎちゃうからw
それだと数時間後には、飲む前以上に酒が嫌いになるはずだよ・・・。
むしろ割って飲むのは、ウイスキーに慣れてからの方がいいね。
どうしても割って飲みたいなら酒と水の比率は1:1。
これも舐める様にだよ!
いきなり飲んだって不味いに決まってるから。

 そうするとさ、いつの間にか量が増えて普通に飲めるようになってるんだよ。
早く覚える必要なんてないし、無理に飲むこともない。
飲めないようだったら、それはウイスキーが自分に合ってないってだけの話だから、飲まないでいるほうが正解だと思うよ。
無理して飲んだらさ、ウイスキーに対して失礼だよ。

 参考になったかな?
ならないよねwww
でも言いたいことはさ、飲んでみようかな?って思って、舐めてみて美味しいって思った時が始め時ってこと。
酒飲めりゃ大人ってわけでもないしな。
「正しいウイスキーの飲み方」とかネットで見かけるけどさ、ありゃ既に飲める人向けにしか書いてないし、別にそれが出来るからって偉くはなれないからw




 ギター製作で忙しい最近、ゲームで遊ぶ時間もろくに取れない時とかでさ、塗装の乾燥待ってるしか無い時なんかはさ、のんびりウイスキーで時間潰しってのも優雅でいいよね^^

 ショットグラスにボウモアをちょこっとだけ入れてさ、舐めるようにチビチビと飲みながら、インターネットでウイスキーの薀蓄読みながら飲むんだよ。
でね、ラベルに書かれてる原酒の樽貯蔵年数を見てさ、「12年前の俺はどんなだったろうか?」って思い出しながら酔っ払うんだよ。

 15年とか18年とか、もっと古い物になると30年なんてのもあるんだ。
貯蔵年数が長いほど、仕込まれた時の自分は若かったってことになるよね。
若ければ若いほど自分はアホだったってことなんだろうけどさ、そのアホだった頃の思い出を、いい思い出と言えないうちは、きっとウイスキーは苦くて辛いだけなんだ。

 「アホだったなぁw」って笑って言えないうちはさ、そういう古いウイスキーは飲まないでおくよ。
12年物が美味しくいただけてるってことは、今の俺は12年前の俺がしてた恥ずかしいことを笑って許せる年になったからなのかな^^

 ちなみに30年物は、例え貰ったとしても絶対に飲みたくない!
その頃は体が小さくてひ弱だったって理由だけで、いじめられっ子だったからね。
その頃の酒なんて、当時の思い出を未だに許せてない今の俺が飲んだって不味いに決まってる!
だからもうちょっと年を取るまでお預けだね。
もっとも高すぎて買えないだろうけどなww
スポンサーサイト

<< おめでたいことだ! | ホーム | K氏のストラトキャスター再塗装 その2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。