FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ボディ製作もいよいよ大詰め、形が決まったら今度は部品を載せるための座繰り(部品を埋め込む為の凹)加工だ。


 俺の場合、外周の形だけじゃなく座繰りを作る場合も必ず一度型を作ります。
ギター製作とは正に型製作と言っても過言じゃないくらい型は重要です。
型を作るに当たって一番大事なこと、それは「誰が使っても同じ物が出来上がる」事だと俺は思ってる。
そして、その時限りの型ならともかく、どんなギターにも必ず使う場面が出てくる物に関しては、材料の段階から一切妥協せずに丈夫な物を作ることが重要。
ここで時間をかけておけば、今後新しく注文をいただいた時も綺麗に正確に仕上げれるようになるわけです。
結果的に時間と費用の節約にもつながります。
今回作った型板は、アクリル製とMDF製合わせて7個、彫ってる時間より型作ってる時間の方が長い!


 さて、件の型です。
CA3F0117_convert_20120529202013.jpg
これはピックアップ(弦の音を拾うマイクみたいなもん)の座繰り用ですね。

 こちらはブリッジ(ボディ側の弦が止まってるとこ)の座繰り用。
CA3F0118_convert_20120529202126.jpg
使ってる素材はすべて透明アクリルの8ミリ厚です。
贅沢な型でしょ?w
この辺はね、元アクリル加工屋の強みですよ。
8ミリや10ミリの端材は捨てるほど山積みになってるからね。

 通販でも完成品の型が入手できるんだけどさ、厚みが5ミリとかなんだよね。
本来は5ミリもあれば十分なんだけど、それだと万が一間違えて型の方を少しでも削っちゃうと使い物にならなくなってしまうんだ。
それにアクリルは薄いほど僅かな熱でも寸法が狂いやすくなるからね、丈夫に作っておくに越したことはありません。


 これらの型をボディに両面テープ等で固定して、無心でトリマーで彫ります。
CA3F0219_convert_20120531013356.jpg
切り屑まみれです><
舞い上がって頭は粉だらけ、鼻は痛い、安全ゴーグルの隙間から浸入してきて目がゴロゴロ・・・。
さながら地獄絵図です・・・。

 そして彫り終わったのがこちら。
CA3F0134_convert_20120529203853.jpg
完成後に部品の隙間から少しでも見えてくる座繰り内側部分は、ステインを使用して染めています。

 こちらは裏面。
CA3F0136_convert_20120529203946.jpg

 ボディサイドのジャック(ケーブルをつなぐ部品)部分。
CA3F0135_convert_20120529204146.jpg
ジャック部分は、国産のE社のギターを参考にしました。
ランディVのこの部分ってさ、僅かだけど曲線になってるもんだから、舟形ジャックプレートを付けると隙間が出来ちゃうんだよね。
それにこうしておけば、ジャックプレートその物の厚みも見えなくなるじゃない。
ここは今回の製作の中でも一番のお気に入りの部分。
どんな型を作ったのかは、・・・・すんません、企業秘密です。(もしここを見てらっしゃる製作家の方で、欲しい方がいらっしゃいましたら、適価にて製作します。ちなみに誰が使っても簡単にこの様に仕上がります。)


 ついでだから、ネックのジョイント部分も弾きやすくなるように削っとこう。
CA3F0095_convert_20120529210209.jpg
「のこやすり」と呼ばれる粗めのやすりで直線出しながら斜めに削り、当て板付き紙やすりで仕上げます。
このやすり考えた人天才だと思うわ。
きっとこう考えたんだ、「のこぎりの様にざっくざく削れるやすりってないもんだろか?そうか!ならのこぎり組み合わせてやすりにしちゃえばいいんじゃね?」ってねw
発明はどこに転がってるかほんと判んないよね。

 で、仕上がったのがこれです。
CA3F0137_convert_20120529210753.jpg
途中の写真だいぶサボってるなw
しかし時間はめっちゃかかってる・・・いや!「かけてる」。


 以上、その7でした。



 これでボディの木工はすべて終わったわけですが、今回は下の木材がそのまま見える透明仕上げなので、僅かに残った紙やすりの傷ですら全部見えてしまいます。
なので、その傷を木目に沿って、かつ形を崩さないように目の細かい紙やすりですべての傷を消し、あとは塗装工程に入ります。

 長かったのか短かったのか判らないけど、ずいぶんドタバタした数日だった。
まだまだこれからですよ。
これでも全工程の3割くらいだからね。
物作りがあと7割も残ってる^^
嬉しい限りです。
スポンサーサイト

<< MASAのランディV その8 | ホーム | 時間よ止まれ・・・ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。