FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ボディの外周の加工も、そろそろ完成後の姿が見えてくるところまで来た。
今日の記事はボディのバインディング(ボディ外周の縁取りです。)を巻く段取りと施工です。


 まずは専用の刃を付けたトリマー(電動切削工具の一種)で、ボディ表面の外周をグルりと彫る。
CA3F0091_convert_20120525131724.jpg
この様に、棚状に溝が出来ます。

 ここにバインディング用のプラスチック素材を隙間が出来ないように瞬間接着剤で留めていきます。
本当は専用の接着剤があるんだけど、一度使ってみたらどうも自分には不具合が出まくりで;;
というのも、確かにキッチリと綺麗に付くんだけどね、塗装の段階でさ、塗料の溶剤でせっかく付けたバインディングが浮いてきちゃうんだ。
これやり方がまずいのかな・・・。
なのでそれ以来俺は瞬間接着剤しか使わなくなった。

 こんな感じで乗っかります。
CA3F0092_convert_20120525132458.jpg
こういった曲がった所なんかは、湯せんやドライヤー等を総動員して温めながら曲げながら接着します。
この写真ははみ出したバインディング素材を当て木付き紙やすりで均し終わった後のものですね><
きっと付けた直後のはみ出てる場面の撮影を、うちのカメラマンが取り忘れしたんでしょうね;;
カメラマンって俺だけどなw

 こういった尖った所は、やすりで角度を合わせながら施工していきます。
CA3F0111_convert_20120525133203.jpg
バインディングが乗ると、尖ってるギターが更に尖って見えるね。
でもこっちなんかまだ可愛い。

 こっちなんかこうだぜw
CA3F0112_convert_20120525133335.jpg
これさ、体に当たったら怪我するぜマジでw
この辺をどうするかは、MASAさんと要相談だね。
演奏しづらかったら元も子も無いし・・・。


 はいっ!全体像~!(どらえ○ん風にシャウト)
CA3F0113_convert_20120525134033.jpg
輪郭が強調されて凄くシャープな感じになりましたね^^


 このバインディングの色なんだけどさ、白で正解だったよ。
って言うのも、俺は黒にしようと思ってたんだよね。
「黒の方が高級感出るんじゃないか?」っていう理由でね。
でも実際に離れて全体で見たら、黒だとせっかくのバインディングがほとんど見えなかったと思う。

 白の指定はMASAさんによるものなんだけど、白にした理由はこうだった。
「お客様とプレイヤーの距離はある程度離れているものだし、ましてステージでは煌々と蛍光灯が燈っているわけじゃない。だから白!」
こういった視点が、俺みたいに家で座ってギター練習してる人間と違うんだよね。
家でいじる時は、ホント間近から部分しか見ないからね。
凄く勉強になる打ち合わせの結果でした。


 以上、その6でした。



 実は作業が結構先まで進んでてさ、ブログの更新が追いついてないんだよね><
写真も出来るだけ確保してるから、記事にするつもりならすぐにでも出来るんだけど、1日分の作業を全部載せちゃうととんでもない長さの記事になってしまうからね;;
タダでさえ長いのにww

 なので、ネタ切れ起こさないようにってことで、今まで通り小出しにしていきますね。
実際ボディなんてさ、あとは塗装だけってとこまで来てるんだ^^
まあ、今後の姿を想像しててください。
スポンサーサイト

<< ちょっと息抜き | ホーム | MASAのランディV その5 >>

コメント

うわーすごいね!
なんだか木材に見えないというか、右が波紋で左が炎メラメラ~か荒野の大地(マビ英の前線基地みたいな)って感じに見える@@
完成がどんな感じか楽しみ!
キワミさんがんばってね~(・∀・)

Re: タイトルなし

> なんだか木材に見えないというか、右が波紋で左が炎メラメラ~か荒野の大地(マビ英の前線基地みたいな)って感じに見える@@

木材の模様もこうやって見ると凄いよね。
しかもこれ、左右共に同じ木なんだぜ。
切る場所によって模様が全然違うのってすごいよね^^

> 完成がどんな感じか楽しみ!

楽しみにしててください^^

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。