FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このギターは、俺が学生の頃から10年位前まで一緒にバンドやってたギタリストから紹介してもらったK氏のエレキギターで、ギターやってる人もやってない人も「エレキと言ったらこの形」と言うであろう定番中の定番、あの有名なF社のストラトキャスターです。
もっともF社と言っても今回のこれは日本製のF社ですが。

 
 旧塗装を剥がす前のボディ前面。
CA3F0099_convert_20120522010525.jpg
いい感じの木目が出てるね。
写真右下にポツリと見える打痕が結構深い。

 こちらはボディ裏面。
CA3F0102_convert_20120522010745.jpg
裏面もいい感じです。
裏面にも関わらず、ベルトバックル打痕一つ無い美肌です。
フレットの減り具合を見る限り、相当弾き込まれているのにこの状態だ。
オーナーさんの愛が感じられますね^^

 このボディはポリエステル塗料で塗装されているけど、オーナーさんの意向でこれとまったく同じ雰囲気でニトロセルロースラッカー(以下、NCラッカー)塗料で再塗装するんだ。



 はい、ここで余計なことではありますが、俺の考えと疑問点。

 よく色んなサイトや楽器屋さんで「NCラッカーはエレキギター塗装の理想形」なんて話や売込みを耳にする機会が多い。
何でも、その種類の塗料を使うと、音が良くなるらしいのだ。
他にも前述のポリエステル塗料やポリウレタン塗料などがあるのだが、大体の人が「NCラッカーが良いに決まってる!」と断言してしまう。
で、俺はそれについていつも疑問を感じてしまうのだ。

 と言うと、否定している様に聞こえてしまうから、誤解を招かないように言っとく。
俺が言ってる「疑問」ってのは、否定に近い疑問なのではなく、むしろ本当に知らない部分に対しての疑問だ。

 よくNCラッカー塗装は、塗膜を薄く仕上げることが出来るから弦による木材本来の振動を妨げないと言われるが、薄く仕上げる事はポリエステルやポリウレタンでも現在の塗装技術があれば可能なんだよね。
色んなギターの中にはNCラッカーなのにポリウレタンより厚塗りしてる物もある。
だとすると、NCラッカーと塗装の厚みは関係無いのではないか?と思うのだ。

 塗装の強度はどうだろう?
NCラッカーは、耐候性(日光や水分)・耐熱性・耐薬品性(溶剤や油など)ではポリエステルやポリウレタンと比べるとかなり弱いとされ、この弱さのおかげで水分や空気を通しやすく木材の呼吸を妨げないために、年月と共に木材がどんどん乾燥して良い音質を作り出すと言われているが、アメリカ大陸の乾燥した温暖な地域に比べ、四季に富んだ我が国日本の湿度の中で時を経た木材がどんどん乾燥していくようには思えない。
むしろ湿っていくのではないかとも思ってしまう。
だから日本国内で使い続けるには、保管中はハードケースに乾燥剤を入れてとにかく除湿するらしいのだが、楽器屋に行くと「過度の乾燥を防ぎコンディションを保つ」という目的で加湿器を置いてたりする。
なのでこれもあまり関係無いように思えるし、どっちが正解なのかも判らない。

 偉大なアーティストのギターサウンドに対しての、リスナー側の評価にしてもそうだ。
「ジェフ・ベックのギターはポリエステル塗装だから(本当)、ギターの音がクソだ。」という話や、「エリック・クラプトンのギターはNCラッカー塗装だから(本当)、ギターの音が最高だ。」と言う話を聞いたことが無い。

 そう言った自分なりの分析をしてみた結果、最後に残った検証のしようが無い疑問は一つ。
同じ温度、同じ湿度、同じ塗膜の厚さ、同じ重さの同じ種類の木材、同じギタリストという環境を整えた上で、塗料の種類による振動の伝達性の違いは果たしてあるものなのだろうかと。
もし違いがあるのなら、それはどの様な要素によって違いが出てくるものなのか。
こう言った俺の疑問に対して完璧に論破してくれているサイトや文献を見たことが無い。
だから、もしここを見てる人でそれを検証した結果が載ってるサイトや文献を知ってる人が居たら、後学の為にも是非教えて欲しいのだ。

 で、今の時点での俺の考えはこうだ。
好みの問題w
ずっと色褪せないのが好きならポリエステルやポリウレタン、古くなっていく見た目を楽しみたいならNCラッカー。
どちらがいいかは決めれないし、決めたくも無い。



 で、今回オーナーさんがNCラッカーで再塗装したい理由は、「年月と共に自分もギターも年老いていきたい。」と言うことでした。
そういう理由であれば、俺的にはこの選択は正解だと思う。
前述の通り、NCラッカーという塗料は薬品や油に弱い。
人間の手の油などでも、ずっと弾き続けてあげればいい感じにやつれてくるし、蛍光灯の光でも簡単に日焼けしてこんがりと黄ばんでくる。
ぶつけたり削ったりしないで自然にすすけた感じを出していきたいなら、NCラッカーが最適な部類に入ると思うんだ。

 素材も凄くいいんだよね。
日本製F社とは言っても、こいつが作られたのはバブル真っ盛りの頃、使ってる材木だってバブリーだからねw
剥がしたらどんな顔を出すのか楽しみだ。
スポンサーサイト

<< 発掘! | ホーム | MASAのランディV その4 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。