FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今の季節はいいね^^
気温が一定じゃないから体調は最悪なんだけど、それでも接着剤や塗装がちゃんと固まる気温になったから、製作活動がはかどるはかどる^^

 まあそれのおかげで、飯も食わずにぶっ続けだったり、小便我慢してツイスト踊ったりしながらでも止めなかったりするもんだから、瞬く間に不健康優良児の出来上がりってなっちゃうんだけどなw

 ホント自分でも思うけど、物づくりの廃人だなこれはw
一旦軌道に乗っちゃうとさ、その集中力を中断させたくなくなるんだよ。
ゲームしててもそうだからなぁ、俺。
やっぱ根本が同じだと、目的は変わってもプロセスは同じかw



 さてMASAギターの作業経過です。

 先日作ったテンプレートを、準備してあったボディ材にビス止め。
CA3F0064_convert_20120515191010.jpg
これが俺的には一番神経を使う作業かもしれない。
2ピース構造のボディ材だし、しかも表面はセンターからきっちり別の模様だから、こいつをど真ん中に納めて止めなきゃならん。
しかも木っていう物は繊維の集合体なわけだから、ドリルでキチンと下穴を空けておかないと、ネジが曲がって入っていっちゃうんだよ。
ネジ締めたら1ミリずれてたなんてこともよくあるから、絶対気を抜かない。

 細くなってる所の小さな板は、テンプレートの形状的に脆そうな箇所の一時的な補強です。
結構しなる物なのよ、木って。


 ビス止めしたテンプレートに沿って、数段階に分けてルーターで切削。
CA3F0065_convert_20120515192130.jpg
この「数段階」ってのが重要です。
一度に深く削ることも出来ないわけじゃないんだけど、一度に深く削るって事は、木材と刃の接点が多いってことになる。
当然木材だって簡単には切られたくないもんだから、必死に抵抗してくるわけですよ。
で、無理をすると、結果あらぬ方向に刃が進んだり木材が欠けてしまったりで、予想していた完成図とは程遠いギターが出来てしまうんですw
だからいつも心に「少しずつ・焦らず・過信せず」って言い聞かせながらゆっくり作業してるんだ。

 とりあえず表側の外周の形が出て来ましたね。


 次は残った裏側の耳を落とすんですが、やっぱね・・・見たいじゃない?w
CA3F0066_convert_20120515193111.jpg
テンプレートを外してみました。
この時点で、キタ━━━━ヽ|( ´Д` )|ノ━━━━!!!!と大喜び。
荒切りの状態で見るのとはやっぱ全然違うし^^

 で、この後裏側の耳を落とす作業の前に、自画自賛タイムでタバコを2本とコーヒーを1杯w
こういう時間が多すぎるから仕事が進まないって噂もあるけどな・・・。


 で、裏側もルーターで削って、ボディの削り出し終了。
CA3F0068_convert_20120515193700.jpg

 こちらは裏側。
CA3F0069_convert_20120515193734.jpg
裏側の木目もアルダーにしてはおとなしいけどいい感じだね。

 もうね、この時点で嫁に出すの嫌になってるのなww
でもそれが職人の宿命だよね。
すぐにくれてやってもいいような物を作りたくないから職人で居られるのかもって思うね。


 以上、その3でした。



 ここからがまだまだ長いんだよなぁ;;
木工に携わっている人なら判ると思うけどさ、木ってとにかく色んな物に化けるんだ。
時には鉄、時には石膏、時にはスポンジ、かと思えばただの木だったり・・・。
その状況見ながら道具を変えつつ少しずつ作業していかないとさ、取り返しの付かない事になってしまう。

 俺がいつもお邪魔してるギター製作家のサイトでさ、「まったくその通りだ」と頷かされる言葉を言ってたんだ。
「物作りというのはすべて引き算で、足し算というものは存在しちゃいけない。」みたいな感じだったかな?
その通りだと思うね。
子供の頃に遊んだ「棒倒し」の如く、砂を少しずつ取り去ることは出来ても、戻すのはルール違反なんだ。


 こんなこと言ってるうちは、間違っても金持ちにはなれんよなぁww
まあ金は無くても毎日楽しいからいいけどな^^
スポンサーサイト

<< MASAのランディV その4 | ホーム | MASAのランディV その2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。