上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 覚せい剤、怖いですね。
別にファンでもなんでもないんですが、とある番組で渦中の人が、「やってません」とキッパリ言い切ったのを見てホッとしたのも束の間、結局はやってましたっていう落ちでしたね;;


 さて、年々増え続けるこの問題、なぜ手を出してしまうんだろうと考えてみた。
そりゃあ人間だもの、長所だけをクローズアップして自分にとって良い物だと判断してしまうんだろうけど、それに伴うリスクってのを知ってても手を出すってどうしてなのでしょうね?
もしかしてリスクってのをほとんど知らずにやっちまうんじゃないのかな。

 そのように思ったのも、複数の番組で共通して言っているある言葉を聞いてからだ。
どの番組でも、「弱さ」という表現で片付けてしまってるんですよね。

 「弱いから手を出す。」

 「弱いから断ち切れない。」

 もしもだよ、メディアを通して医学的にもきちんと皆が薬のことを理解していれば、それでも高いリスクを抱えてまでやってみようと思う人っているんだろうか?

 「弱さ」と一言で片付けるのではなく、

 「一度でも使ったら本人の意志とは関係なく、血中の薬の成分が消えてくると脳がそれを求めて体に変調をきたし死ぬよりも酷い苦痛を味わうため、どんなに強い人でも断ち切ることが出来なくなるし、仮に断ち切ろうとしても社会的な人間らしい生活は出来なくなります。」

 と言われたら、試しに一度だけやってみようって人も減るんじゃないかって思うんだよね。
強い人間は勿論のこと、弱い人間なら尚のこと怖くて手を出さなくなるんじゃなかろうか?
だってそうでしょ、「俺は強いから試しに首つってみてもきっと大丈夫だ。」って思う人はいないでしょ?


 簡単な言葉で「意志の問題」として片付けるのではなく、「そういう問題じゃないから恐ろしい」って事をもっと伝えていくべきなんじゃないかなと思った数日間でした。



 追伸:
 この話題に反応したのは別に関係あるからじゃないし、ポン中を擁護するつもりもない。
ただ一つ、この報道を見てて、「もしも将来タバコが麻薬指定されて、喫煙が刑に値するような世の中が来ちゃったらどうしよう。」と考えてしまったからです。
その点では私もお察しの通りニコチン依存症だからです。

 学生の頃、大人の真似をするのがかっこよく見えていたずら程度にタバコを吸っていました。
親には見つかる度にそりゃーもうこっぴどく怒られたもんです。
恐らくその頃はまだ「依存症」ではなかったと思います。
だってかっこつける為だけに吸ってるだけで、吸わなくても全然平気でしたもん。

 思えばうちの両親も、「意志が弱いから吸うのを止めれない」と口癖のように言ってましたね。
ちなみに家族でタバコ吸うのは俺と姉だけでした。
きっと吸ったこともなく、当然依存したこともないからわからなかったんでしょうね。
巷で言われてる簡単な言葉「意志が弱い」ということしか知らなかったんでしょうね。
それを鵜呑みにしてた自分もまた、意志が強ければ簡単に止めれるって思ってました。
なので吸い続けた結果、止めれない体になってしまいました。


 数年前、タバコの値上がりを機に止めようとしたことがありました。

 最初の1週間はイライラしっぱなしでしたが、とりあえずニコレットを噛みながらしのぎました。

 その後はニコレットで摂取したニコチンがあるうちは快調でしたが、効き目が無くなると目眩がするので横になってる時間が増えました。

 ニコレットを採りすぎるのはニコチン依存を悪化させるらしいので、ニコレットも徐々に減らしていきました。
数時間置きに来るイライラと目眩とだるさとの戦いです。

 禁煙開始から約1ヶ月半、体に明らかな変調をきたしました。
毎朝元気過ぎて扱いに困っていた暴れん棒がダウンしました。
何をやっても起き上がることがなくなりました。
今にして思えば、それが禁断症状だったんでしょうね、血中のニコチンが無くなってしまい、脳からの神経伝達が遮断されてしまったんでしょうね。
ついでに手足もしびれてくるし、正に社会的生活が不可能なレベルですよ。

 試しに禁煙解除したらすぐに直ったよw
依存症は治らなかったってことだよねぇ;;

 こうなるのを最初から判ってたら、臆病な俺ならきっと吸うのを止めてたんだろうと思う。
親のせいにするつもりは毛頭無いけど、でももし当時の両親がニコチン依存の恐ろしさを知ってたら、きっと俺にそれを話してたんじゃないかと思うんだ。
それでも吸う奴は吸うけどね、でも吸わない選択の確率は上がってたんじゃないかと思う。

 知らない人に知ってる人が正しく伝え、それが次々に広まって皆が正しい知識を得ることって重要なことなんだと思う。
意志の強い弱いに関係無く、脳が覚えてしまったものは止めるのも苦痛を伴うってことを前もって判らせなきゃって思う。


 俺の息子はそんな俺を間近で見てるから、冗談でもタバコは吸わないって言ってるよ。
タバコ禁止になったら俺は廃人確定だな;;
スポンサーサイト

<< それは些細な抵抗から始まった | ホーム | 人は記憶する >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。