上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 世間は国民的アイドルの話題で持ちきりだ。
どっちが良くてどっちが悪いとか、どっちが賢くてどっちが馬鹿なのか、その他もろもろの話題が飛び交ってます。
その情報の中からどう取捨選択するかは受け取り手の自由ですね。

 そこで、世間のお祭り騒ぎとはまったく別の切り口で俺なりに思った事を書いておきたい。
俺の基本スタンスでもあるからね。


 人間は恩も恨みもちゃんと記憶してしまう生き物なんです。
そして自分にとって心地よく思えない権力には抗いたくなる。
抗うのは当人の勝手だと思うのだが、そこで考えて欲しいのです。

 権力ってのは、何もせずに寝て起きると次の日には勝手に備わる物なのかな?
そもそも権力って、どんな相手に通用する力なのかな?
権力に従う人って、全員が全員嫌々仕方なしって思う人しかいないのかな?

 きっと違います。
半分は嫌々なんだろうけど、半数以上の人は、従ってあげたくて従ってるんじゃないでしょうか。

 権力を持ってる人ってさ、人一倍苦労してきた人だと思うし、人一倍他人を助けてきた人なんじゃないかと思うよ。
その苦労や人助けの結果が権力として表れてるんじゃないのかな。


 ある組織で、リーダーのAさんと、絶大な権力を持ったNO2のBさんが居たとする。
そのBさんは、人一倍苦労して、人一倍Aさんを助けてきた人だと思うよ。
一番苦しい時に支えてくれたBさんに対して、Aさんは感謝してもし切れないだろうよ。
特に苦しくない時とは感謝の仕方ってのも違うと思うよ?
それを恩と感じてるからこそ、AさんはBさんを特別扱いすると思うんだ。

 だからBさんが権力を持ってる組織ってのは、同時に人一倍受けた恩を大事に出来るAさんというリーダーが居る組織だって事だと思うんだよね。(AさんとBさんを色々なものに置き換えてみてください。)

 そうして築き上げられた絆の間に割って入る事なんて余程の事が無いと出来るもんじゃない。
仮にどちらかが使い物にならなくなったとしても一度出来上がった絆はそうそう簡単には壊れない。

 そんな権力を認められないなら今後一切関わらない覚悟で逃げ出せばいいと思う。
権力を認めたくない、かつ関わらない覚悟も無いのなら、権力の裏側にある人間の「感謝する心」ってのを見つめなおしてみるといいんじゃないかな。


 小さい組織だと夫婦、大きい組織だと仕事関係、どんな人同士の関わりにもそれはあるんじゃないかと思います。
金では買えない何かがあるんでしょうねきっと。
スポンサーサイト

<< 伝え方 | ホーム | 明けましておめでとう >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。