FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 貯めまくってた画像を掘り起こすのは骨が折れました><
だったら更新サボるなよって話ですね、、、自業自得。


 さて、裏側の加工をしましょう。

 コントロール部のザグリを、まずは自作のテンプレートを使って浅く彫ります。
IMG_1109_convert_20151127132226.jpg
これをガイドに彫ると、

IMG_1111_convert_20151127132248.jpg
こうなります。
一度この程度に彫っておくと、テンプレートを外しても穴の外周がガイドになります。
それと、一度に深く彫るのは色んな意味で危ないです。

 どんどん掘り進んで規定の深さにします。
IMG_1112_convert_20151127132313.jpg
表の加工の時に途中まで開けておいた穴とご対面です。
ホッとする瞬間。

 セレクタースイッチのザグリも同様に彫っていきます。
IMG_1103_convert_20151127132106.jpg

 現物を入れて確認します。
IMG_1106_convert_20151127132127.jpg
いいようですね。
クリアランスもギリギリな感じで狙い通りです。
ボディのザグリって必要最小限にとどめたい派です。

 表のナットを締めて確認。
IMG_1107_convert_20151127132158.jpg
いいですねー、いいですよ!

 トレモロのバネのザグリを彫ってます。
IMG_1115_convert_20151127132412.jpg
この加工も自作のテンプレートを使うのですが、アームダウンした時にザグリ底面にバネが干渉しないように、底面を傾斜させておく必要があります。
これ用の専用テンプレートも後で作らんとなぁ。
セットするのに毎度悩んでビビッてるし。

 裏蓋の落としこみも彫って裏面完成です。
IMG_1118_convert_20151127132920.jpg
これでまた更に軽くなりました。
パーツをすべて載せるのが楽しみです。

 アウトプットジャックの穴を開けてボディ完成。
IMG_1120_convert_20151127133007.jpg
しっかし渋い面構えだねぇ。
最初図面で見たときは形の奇抜さに目がいってたせいか、随分きらびやかな印象でしたが、実際の木材で形にしてみるとかなり落ち着いて見えますね。
着色無しでクリア仕上げの予定なので、ほぼこれが完成図みたいなものです。


 以上、その8でした。
スポンサーサイト

<< 明けましておめでとう | ホーム | 依織のヴァイ・オラⅠ その7 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。