FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 久々の更新です。
今回はボディトップ側のザグリ施工です。

 まずはネックポケットです。
IMG_1059_convert_20151127131758.jpg
随分深いですよね?
それもそのはず、今回はセットネック(ボディとネックを接着するタイプ)ですから。
そしていわゆるディープジョイントになります。
ディープジョイントってのは、ネックの長さ方向の接合部がボディの縦方向に通常よりも深く刺さってるやつですね。
これだと判り辛いですが、

IMG_1121_convert_20151127133049.jpg
こうすると判りやすいですよね。
フロントピックアップの下をほぼ埋め尽くすくらいまでネックが伸びてきます。
この接合方法の利点は、強度とサスティーンの向上だと一般的には言われてます。

 トップ側に載るパーツの位置を正確に当たりを付けて、
IMG_1092_convert_20151127131822.jpg

IMG_1093_convert_20151127131843.jpg

 当たりの回りを各パーツの大きさに合わせて3ミリ弱彫り込みます。
IMG_1098_convert_20151127131954.jpg

IMG_1099_convert_20151127132015.jpg

 で、実際にパーツが載るとこの様になります。
IMG_1101_convert_20151127132039.jpg
IMG_1095_convert_20151127131928.jpg
この加工は今までの作品にも採用してますが、パーツの足元がボディに埋まることで「無造作に乗ってる感」が無くなります。
目立たない部分ではありますが、高級感を出せる部分なので毎度採用してます。

 あとはピックアップとトレモロのザグリを彫ります。
IMG_1114_convert_20151127132351.jpg
おりゃーーー!
切れる刃を使ってても高速回転で焦げ臭えーーー><;
鼻がいてーす;;

 はい、表面の加工完了です。
IMG_1117_convert_20151127132438.jpg
かなりギターのボディっぽくなりました。
しかもこの加工だけでもボディが随分軽くなります。
やはりボディ材は重いってことなんでしょうね。


 以上、その7でした。

 すぐに続けてその8もやっちゃうよw
スポンサーサイト

<< 依織のヴァイ・オラⅠ その8(複数更新) | ホーム | ありがとう >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。