FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 お久しぶりでございます。
いつもの事ですが、更新が滞りました。

 さて、今回の作業はボディトップの外周仕上げです。
仕上げと言っても本仕上げじゃないですが。
では行ってみましょう。


 粗切り後のボディトップ材。
IMG_1017_convert_20150707091918.jpg
粗切りですから、当然この様にはみ出ています。
このはみ出させる量が実は微妙なんですよ。
今までの経験上、ルーターの刃の直径よりも多くはみ出すと、サクい(脆い?)木だと刃に弾かれて木目に沿って「ボロッ」と欠けちゃうんですね。
だからと言ってボディバックギリギリにし過ぎると、ギリギリ通り越して切り過ぎちゃったり、慎重にやり過ぎて時間かかりすぎたりで・・・。
なので自分は約5mmで粗切りするようにしてます。

 はみ出しをルーターで削り飛ばす。
IMG_1019_convert_20150818083422.jpg
ボディのサイド面を一度綺麗にしなきゃならんのは、この作業があるからです。
サイドが毛羽立ったりガタガタになったりしてると、ルーターは正直にそのまんまガタガタに切っちゃいますからね><
先に綺麗に均しておいた方が作業が断然早いです。

 形はこれで完成です。
IMG_1020_convert_20150818083450.jpg
面白い形だよねー。
こうして見ると色んな物に見えてくるなぁ。
バイオリンは勿論のこと、南米の森に居るデカくてかっこいい虫にも見えるしw
右上の曲線と頂点の組み合わせにエロスを感じます。

 角度を変えてもう1枚。
IMG_1023_convert_20150818083510.jpg
いいねー^^
こりゃ美人だわ。
でもまだこれからですよ。
「元々が美人なんだから、もうちょっと化粧とかすればいいのに・・・もったいない」っていう感じで止まってますねw
ゼブラノの切り口がなかなか良い模様を出してますね。

 バインディング専用のルーターで階段つけておきましょう。
IMG_1030_convert_20150818083528.jpg
この階段にバインディングが取付されます。
判らない方のために、バインディングとはボディの外周に回してる縁取りのことです。
あれって実は塗装じゃなかったんだぜ?


 今回はこの辺で。
以上、その5でした。
スポンサーサイト

<< 依織のヴァイ・オラⅠ その6 | ホーム | いじめって増える一方じゃないか >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。