FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ボディの仕上げは済んでいるので、いよいよ色んなパーツを取り付けしていこうと思う。
ちなみにこの作業、俺にとっては一番ワクワクする場面であると同時に、一番嫌いな作業でもあります。
だってさ・・・・・失敗したらごまかせないんだぜ;
ホント・・・彫刻の世界ですよ・・・彫る削るだけ、増やせない盛れない。
精神を集中させて取り掛かりましょう!


 さて早速、ロングドリルで色んな配線穴を空けました。
DSCN1776_convert_20140322115519.jpg
長さ40センチもある6ミリ径のドリルでボディを縦断するようにトンネルを作ります。
これがまた何度やっても怖い!
進入角度がちょっとでもずれると、取り返しの付かないことに・・・。
ボーリングと同じですね、あれも手元が僅かずれるだけで、ピンに届く頃にはガーターですからね。

 ジャックプレート据付しました。
DSCN1778_convert_20140322115600.jpg
座繰りをタイトに作りすぎました><
この手のパーツってさ、規格が決まってるくせにメーカーによってかなりサイズにバラつきがあってさ、1個のサンプルを元に作った座繰りが全然合わないなんてことも多々あります。
今回も例の如く;;
で、木工品側をこれ以上いじりたくなかったので、ジャックプレート側を整形して収めました。

 ピックアップセレクターを仮留め。
DSCN1777_convert_20140322115540.jpg
いい感じに収まりました。
個人的にちょっと気になるのが長穴の切り口の色です。
ここは最終的に切り口だけ黒く塗装しようかと思ってます。
サイズと動作は完璧でした。

 ボリュームポッドを付けて・・・
DSCN1784_convert_20140322115735.jpg

 ボリュームノブを留めます。
DSCN1786_convert_20140322115752.jpg
バッチリセンター出てますよ。
ノブの落としこみとのクリアランスも丁度いい感じのタイトさです。

 パーツを載せてて感じたことがある。
素で見るとちょっと暗すぎる感じのボディーの赤ですが、黒のパーツが増えていくと、丁度いい感じのワインレッドに見えてくるんですね。
パーツも込みで「ギター」なんですね。
化粧と同じで、最後まで仕上がってみなければ判らないってことなんでしょうなぁ。

 裏面、電池ボックス取り付けです。
DSCN1779_convert_20140322115629.jpg
よし!綺麗に収まってます。
ここも欲を言えば、座繰りの中と立ち上がりだけ黒に塗りたいです。

 ここが怖い!ネックのジョイントワッシャー据付。
DSCN1783_convert_20140322115715.jpg
座繰りの周囲に着いた塗料を削って微調整しながら収まりを確認します。
遊びがありすぎるとネックの精度が狂いやすくなり、タイト過ぎるとちょっとした衝撃で塗装がめくれあがってきます。
ピッタリ収まったみたいです。

 蛇足かと思いましたが・・・・
DSCN1787_convert_20140322115818.jpg

DSCN1780_convert_20140322115654.jpg
今回乗せるピックアップはEMG社のアクティブタイプなのですが、取り付け説明書を見る限りアースの取り方が一切書いてませんでした。
アクティブはアース不要なのかな?配線音痴な俺に誰か教えてちょ;;
しかし一応いつでもパッシブピックアップに取替えが利くように、アース線は施工しておきました。
これ後からやるとなるとリスクが高すぎる大工事ですからね・・・・特にブリッジアースは。

 ネックポケットを微調整してネックを入れてみました。
DSCN1793_convert_20140322115834.jpg

DSCN1794_convert_20140322115850.jpg
ボディとの隙間は、左右全体でコピー用紙1枚分未満って感じです。
ネックの塗装の厚みを考えると、塗り終わって遊び無しな予感です。


 時間と共に完成の姿に近づいてきます。
しかし面白いデザインのギターですね。
ファイヤーバードにも似てるしモッキンバードにも似てる、布袋氏のテレキャスターにも見えるけどどれでもない。
ホント有りそうで無い、まさにオリジナルなギターに仕上がりました。
TaNaさんのデザインセンスの高さを改めて実感した次第です。


 以上その15でした。


 気付いてました?やはり全体像は写さないと言うw
はい、その通りです、出し惜しみしてますよ、大分写っちゃったけどね。
サプライズとワクワクドキドキは大切です!



 編集にて追伸:
アクティブピックアップの配線の件、地元の先輩職人さんから教えていただき、一つ知識が増えました。
パッシブと同じでやはり弦アースは必要なんですね。
改めて・・・アース線施工しといて良かった・・・・アセアセ;
スポンサーサイト

<< TaNaの紅孔雀 その16 | ホーム | TaNaの紅孔雀 その14 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。