FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ネックの工程もいよいよ大詰めです。
今回は塗装前の最後の下地仕上げです。

 さて早速行きましょう。

 サイドポジションを入れました。
DSCN1765_convert_20140322003436.jpg
5ミリしかないバインディングのセンターに3ミリ径のポジションを施工するのは毎度のことながら緊張します。
大手メーカーのギターでも、量産品なんかだと一直線に並んでない物とか結構ありますから、やはり難しい作業なのでしょうな。
暗闇でビカビカ光るルミインレイに、黒の縁取りが付いた物を使ってます。
こいつを当て木付き紙やすりで綺麗に均すのですが・・・・・均し終えた写真撮り忘れました><

 切りっ放しのフレット端をベベラーで削ります。
DSCN1767_convert_20140322003504.jpg
お手製ベベラーが大活躍してます。
これでバインディングの角が残り、かつフレット端が飛び出さないギリギリで止める様に斜めカットします。

 仕上がりはこんな感じ。
DSCN1768_convert_20140322003523.jpg
塗装前の段階ではこれで仕上がりです。
塗装後はここから更に手触りが良くなるようにフレットの切り口のバリを取り除きます。
ポジションマークが仕上がってるのも見えますね。

 色んな所の下地調整中です。
DSCN1769_convert_20140322003543.jpg

DSCN1771_convert_20140322003600.jpg
ネックの塗装はクリアのみなので、下地に付いた僅かな傷も見えてしまいます。
ですから、この工程は特に丁寧に傷が完全に見えなくなるまで行います。

 バインディングにはみ出た染料を削ってます。
DSCN1774_convert_20140322003617.jpg
デザインカッターの刃で、バインディングだけを狙ってカンナをかける様に削ります。
目がチカチカします。
老眼が始まってる我が目にとってはかなりの重労働です><
ああ・・・若かりし頃に戻りたい・・・・両目とも2.0近くあったあの頃に;;

 あとは塗装を待つばかりなのですが、何の祟りか未だ東北に居座る爆弾低気圧のおかげで何にもできねぇ。
普通ならもう春だぜ春。
なによこの気温・・・・そして積もってる雪は!


 以上、その14でした。
秒読みになってきましたねー。
スポンサーサイト

<< TaNaの紅孔雀 その15 | ホーム | ちょっと楽しい >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。