FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まずはタイトル変更の経緯です。

 どうでも良い余談だが、英国紳士はあらゆるデバイスに愛称を付けるのが好きだとか。
有名なアメリカの戦車のM4シャーマンってのも、「シャーマン」って名前付けたのはイギリス軍らしいぜw
まあ俺は英国紳士ならぬ男鹿紳士だが・・・・。

 で、男鹿紳士の俺もやはり自分の作ったワンオフ物には名前を付けたくなる性分でして、以前のMASAさんの「The Grain」とか、YOUさんの「Bevel Yellow」などがいい例だ。
そこでTaNaさんのギターにも名前を付けようと思い、このギターの完成イメージを参考に俺なりに選んだ候補の中からご本人様に選んでもらったと言うわけだ。

 で、決定した名前が「紅孔雀」。
なので今後のタイトルは紅孔雀で行くことにします!


 さて今回はネックの仕込みです。
実は身の回りが急にドタバタしてしまって、ブログ用の写真を貯め過ぎて大変な事になっております。
こりゃある程度落ち着くまでは更新もままならないかもしれんな・・。


 断面の形で切り抜いたネックの材料です。
DSCN1551_convert_20131016125034.jpg
今回は、ハードメイプル&オバンコルの5ピース構造です。
背筋がピシッとして見えるあれですね。

 接着面を紙やすりで綺麗に均します。
DSCN1553_convert_20131016125105.jpg
こういう所を手抜きすると、後で泣きを見ます。
ギターの耐久性なんてものは、こういう地味な作業だけで成り立ってる気がします。

 ボンドを付けてクランプ総動員。
DSCN1559_convert_20131016125127.jpg
隙間から「にーっ」とボンドが溢れると安心しますw
これは5ピース全部重ねた写真ですが、実際は1枚ずつ接着して、最終的に2パーツになるようにしてからこの状態になってます。

 くっ付いたので、指板側とヘッド面をカンナ仕上げしました。
DSCN1563_convert_20131016125155.jpg

 ヘッドの幅が足りないので、ハードメイプルの端材を接着。
DSCN1571_convert_20131016125258.jpg
これをやってて思うこと。
ヘッドって意外に大きいんですね。
ネックの幅だけで収まる物ってまったく無いのかもしれません。
もっとも、かなり幅の広い木材を準備出来ればいいのですが、その分値段も半端じゃなくなりますからね・・・。

 ヘッドの荒切りしました。
DSCN1573_convert_20131016125317.jpg
段々と形が見えてきます。
尖ってるなぁ。
今回もリバースヘッド仕様です。

 トラスロッドの溝と、調整用ナットの座繰りを掘りました。
DSCN1574_convert_20131016125337.jpg

 よしっ!
DSCN1576_convert_20131016125359.jpg
これが収まると一安心。

 ハードメイプルで作ったロッドの蓋を圧着。
DSCN1581_convert_20131016125421.jpg
自動カンナのおかげで、この手の薄物を作るのがかなり楽に、かつ正確になりました。
買っといてよかったぜ。

 蓋の余分を削ってます。
DSCN1583_convert_20131016125445.jpg
毎度この絵が好きですw

 あらかじめ作っておいた指板とヘッドの型板を固定して・・・。
DSCN1584_convert_20131016125514.jpg
このはみ出た部分だけをルーターで削ってしまいます。

 慎重に慎重に・・・。
DSCN1585_convert_20131016125545.jpg
何度やっても慣れません><
いや!慣れちゃいけない作業だと思います。
毎回「慣れていないつもりで」慎重にやらなきゃいけませんね。


 長くなったので、今回はここまでにしときます。
工程日記やると、どうしても写真の点数が多くなってしまうからねー;;
やばいな・・・ブログが全然追いついてない。

 以上、その7でした。




 さて!
俺は自慢じゃないが、堪え性がまったくと言っていいほど無いw
大好物は一番最初に食っちまうタイプです。
大好物は最後に取っておきたい人はここで回れ右してください。






















 準備はいいか!




































 ついやってみたくなるんだよねぇw
DSCN1638_convert_20131016125721.jpg
現在はボディ裏の着色とヘッドの着色、指板のバインディングも済んでるから、この写真よりももっと「紅孔雀」ですよw
 
スポンサーサイト

<< TaNaの紅孔雀 その8 | ホーム | TaNaのファイヤーバード その6 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。