FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新たなるオーダーをいただき、YOUさんのギターと平行して製作していくことになったTaNaさんのギター製作日記です。
仕上がりの姿を想像するに、相当に派手なギターになりそうな予感!
ちなみにこの俺も派手なギターは相当に好きなので、これまでのギター同様早くもテンションが上がってますw

 まあ参考までに、こんな形に近いです。
FireBird.jpg
これは、昔からあるGIBSON社のファイヤーバードというエレキギターなのですが、こいつをモデファイしてシャープなイメージにする予定です。
実はこのギター、ボディが物凄くデカイのですw



 さて早速作業風景をば。
画像的には面白くもない地味~~な風景ですが、実はここが基本中の基本、すべての大元になる手を抜いてはいけない作業だと思ってます。

 まずは届いたボディ材の厚みを電動カンナで予定の厚さまで落とします。
DSCN1368_convert_20130514230234.jpg
このボディ材がまたデカイんだw
なぜならこいつはベース用の材木だからね。
そしてこの状態だととにかく重い><
おが屑がモフモフしてて手触りが気持ちいいんだ。

 カンナ掛けで付いた段差を消しつつ平面を出してます。
DSCN1370_convert_20130514230300.jpg
製作工程において、この作業が一番の肉体労働かもしれない。
大き目のまっ平らな丈夫な板に紙やすりを貼って、何度もチェックしながら平面を出していきます。
ちなみに、俺はかなりの運動不足の不健康優良児なのだが、この作業をした翌日はとってもお通じが良くなりますw
普段どんだけ運動不足かって話だよなぁ・・・・。

 この様に長めの鉄の定規を当てて、縦横斜めすべての方向が直線になるまで削ります。
DSCN1371_convert_20130514230324.jpg
機械は力もあって便利だけどさ、精密さを要求されるこのような作業だと、人間の手にはかなわないんだよ。
機械は手加減しないしね。

 プリントアウトした原寸原稿をつなげて収まりの確認。
DSCN1373_convert_20130514230354.jpg
気持ちいい位ぴったりなサイズでしたw
この原稿は既にMDFという板に貼り付けてあり、この原稿の外周を糸鋸で切って型にします。


 今回の作業はここまでです。


 さて、今回オーダーを下さったTaNaさんについて。
GT+201303+Shall+we+dance_convert_20130514230937.jpg
こちらの、劇情テノールさんの一番右側の赤い髪の方です。(バンド名クリックでオフィシャルサイトに行けます。)

 こちらのTaNaさん、実はMASAさんの後輩さんだそうで、今回のオーダーもMASAさん経由で話を振っていただけました。
オーダーいただいた内容と、ご本人様を照らし合わせた感想は、「おー、判ってらっしゃる!!」の一言に尽きますね。

ステージに立つ人にとってギターってのは自分の好みの相棒でもあり、自分を表現する体の一部でもあると俺は思ってます。
完成が楽しみだなぁ^^

 ちなみにTaNaさんの個人ブログはこちら
楽器に対する拘りに共感するものがあります。


 以上、その1でした。
スポンサーサイト

<< 一応お知らせです | ホーム | YOUのランディV その15 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。