FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 仕事柄、紙やすりをかける等の単調な作業が多いため、色んな事を考えながら、ソロ脳内禅問答をする時間が多い。

 今日の単調作業中はね、俺を取り巻いてる色んな環境で、そこで関わっている色んな人たち(もちろん自分も含む)を丸っきり他人という立場から見てさ、次に掲げる事をいったいどれだけの人がちゃんと出来てるか、自分はそれをちゃんと出来ているんだろうか、果たしてその考えは合っているのか間違っているのか、なんてことを考えてた。
それでこのタイトルなんだ。


 さて、偉い人(この場合は自分より立場が上の人って意味ね)はよくこんな事を口にするよね。

 「義務を果たして権利を得ろ!」

 もちろん正しい言葉ではあるが、本当にそれだけなのだろうか?
この言葉を吐く人間は、それが出来てるんだろうか?


 俺はこの言葉を間違っているとは思わないが、よく考えてみたら順番が違うんじゃないか?って感じたんだ。
俺が思ったのはこうだ。

 「権利を得てそれを使ったのなら義務を果たせ。」


 なぜそう思ったのか。
例えば会社だけど、就職する時は自分で会社を選ぶよね?
もちろん選ぶ権利があるからなんだけど、選択肢は当然いくつかあると思うんだ。

 それを決めるのって義務なのかな?
選択の自由という「権利」だよね。
そして自分の「権利」で選択した結果、就業規則に従わなければならないとか、決められた賃金で働かなければならない等の義務が発生する。
就職することを拒む「権利」もあるが、ニートと呼ばれても仕方ないという「義務」も発生する。

 もちろん働く側だけの話じゃない。
会社側だって、その人を採用するか蹴るかを決める「権利」があるんだ。
その「権利」で採用した人には、きちんと約束した通りの賃金を払ったり、求人の歌い文句に福利厚生なんかも掲げているならば、それをもきちんと履行する「義務」が発生する。

 で、面白いなと思ったのがさ、その「義務」に従うか従わないか、それを決めるのもまた「権利」なんだよなぁ。
両方がきちんと「権利によって得た義務」ってのに従っていれば、まあ何の問題もないんだろうけど、たまにどちらかがルール違反することもあるよね?
じゃあルール違反したらどうなるか。
もちろんルール違反に対してのペナルティを課せられても仕方が無いという「義務」が発生する。
働く側だったらクビになるとか、使う側だったら基準局に訴えられるとかね。

 で、更に付け足すならばさ、反省して謝ってクビにしないでくれと頼み込むのも権利だし、そのまま受け入れて会社を去るのもまた権利。
クビにしないで使い続けるのも権利だし、さっさとクビにしちまうのもまた権利なんだよな。
基準局に訴えるのも権利だし、訴えないのもまた権利。
もちろんその選択によって新たな義務が発生するのは言うまでもないけどね。
結局はそれの繰り返しで成り立ってるんじゃないの?って思った。
どこでどういう「権利」を使うか、どういう「義務」が発生するかが人によって違うだけ。

 まあ例として会社を例えに出したけど、これって色んな事に当てはまる事だと思うんだよ。
友人との付き合い、町内の付き合い、バンドの付き合い、ネトゲの中の付き合い、親子の付き合い、夫婦の付き合い・・・挙げればキリが無いくらい色んなものにだ。



 でね、それをちゃんと理解して受け止められてる人間ってさ、きっと凄く大人だと思うんだよ。
だって子供は、「来るべき義務」ってのを考えもせずに「権利」を振り回すでしょ?


 自分は大人なのかな?大人でありたいな、と思った作業中の禅問答でした。




 追伸:

 もちろん、これをブログに書くも書かぬも選択するのは俺の権利だ。
それによって発生する義務も当然考えて書いてるよ。
その義務を受け入れるも受け入れないも俺の権利なんだけどねw

 俺はどうするんだろう・・・・
スポンサーサイト

<< 開店祝いだ! | ホーム | これは笑った >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。