FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 貯めまくってた画像を掘り起こすのは骨が折れました><
だったら更新サボるなよって話ですね、、、自業自得。


 さて、裏側の加工をしましょう。

 コントロール部のザグリを、まずは自作のテンプレートを使って浅く彫ります。
IMG_1109_convert_20151127132226.jpg
これをガイドに彫ると、

IMG_1111_convert_20151127132248.jpg
こうなります。
一度この程度に彫っておくと、テンプレートを外しても穴の外周がガイドになります。
それと、一度に深く彫るのは色んな意味で危ないです。

 どんどん掘り進んで規定の深さにします。
IMG_1112_convert_20151127132313.jpg
表の加工の時に途中まで開けておいた穴とご対面です。
ホッとする瞬間。

 セレクタースイッチのザグリも同様に彫っていきます。
IMG_1103_convert_20151127132106.jpg

 現物を入れて確認します。
IMG_1106_convert_20151127132127.jpg
いいようですね。
クリアランスもギリギリな感じで狙い通りです。
ボディのザグリって必要最小限にとどめたい派です。

 表のナットを締めて確認。
IMG_1107_convert_20151127132158.jpg
いいですねー、いいですよ!

 トレモロのバネのザグリを彫ってます。
IMG_1115_convert_20151127132412.jpg
この加工も自作のテンプレートを使うのですが、アームダウンした時にザグリ底面にバネが干渉しないように、底面を傾斜させておく必要があります。
これ用の専用テンプレートも後で作らんとなぁ。
セットするのに毎度悩んでビビッてるし。

 裏蓋の落としこみも彫って裏面完成です。
IMG_1118_convert_20151127132920.jpg
これでまた更に軽くなりました。
パーツをすべて載せるのが楽しみです。

 アウトプットジャックの穴を開けてボディ完成。
IMG_1120_convert_20151127133007.jpg
しっかし渋い面構えだねぇ。
最初図面で見たときは形の奇抜さに目がいってたせいか、随分きらびやかな印象でしたが、実際の木材で形にしてみるとかなり落ち着いて見えますね。
着色無しでクリア仕上げの予定なので、ほぼこれが完成図みたいなものです。


 以上、その8でした。
スポンサーサイト
 久々の更新です。
今回はボディトップ側のザグリ施工です。

 まずはネックポケットです。
IMG_1059_convert_20151127131758.jpg
随分深いですよね?
それもそのはず、今回はセットネック(ボディとネックを接着するタイプ)ですから。
そしていわゆるディープジョイントになります。
ディープジョイントってのは、ネックの長さ方向の接合部がボディの縦方向に通常よりも深く刺さってるやつですね。
これだと判り辛いですが、

IMG_1121_convert_20151127133049.jpg
こうすると判りやすいですよね。
フロントピックアップの下をほぼ埋め尽くすくらいまでネックが伸びてきます。
この接合方法の利点は、強度とサスティーンの向上だと一般的には言われてます。

 トップ側に載るパーツの位置を正確に当たりを付けて、
IMG_1092_convert_20151127131822.jpg

IMG_1093_convert_20151127131843.jpg

 当たりの回りを各パーツの大きさに合わせて3ミリ弱彫り込みます。
IMG_1098_convert_20151127131954.jpg

IMG_1099_convert_20151127132015.jpg

 で、実際にパーツが載るとこの様になります。
IMG_1101_convert_20151127132039.jpg
IMG_1095_convert_20151127131928.jpg
この加工は今までの作品にも採用してますが、パーツの足元がボディに埋まることで「無造作に乗ってる感」が無くなります。
目立たない部分ではありますが、高級感を出せる部分なので毎度採用してます。

 あとはピックアップとトレモロのザグリを彫ります。
IMG_1114_convert_20151127132351.jpg
おりゃーーー!
切れる刃を使ってても高速回転で焦げ臭えーーー><;
鼻がいてーす;;

 はい、表面の加工完了です。
IMG_1117_convert_20151127132438.jpg
かなりギターのボディっぽくなりました。
しかもこの加工だけでもボディが随分軽くなります。
やはりボディ材は重いってことなんでしょうね。


 以上、その7でした。

 すぐに続けてその8もやっちゃうよw

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。