上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 TaNaさんからオーダーいただいたギターがようやく完成しました。
名前の候補を2つ挙げて、オーナー様に決定してもらった「紅孔雀」、TaNaさんと言ったらやっぱ紅でしょ!
ちなみにもう1個の候補は「朱雀」でした・・・(もしメガテンファンなら飛びつくかと思ったw)


 では早速詳細を解説します。

 トップ側全体像です。
front_convert_20140519150409.jpg
ボディバックはアルダー、トップはタモの泡杢のブックマッチ貼りです。
トップのタモの導管に黒の砥の粉を詰めてあるので、シースルーワインレッドの下にくっきりと黒の模様が出ています。
形はTaNaさんのオリジナルデザインで、イメージとしましてはシャープになったファイヤーバードという指定でした。
結果、ファイヤーバードともエクスプローラーともつかない有りそうで無い正に1点物って感じになりました。
ネックサイズはミディアムスケールの24フレット仕様です。

 バック側全体像です。
back2_convert_20140519150339.jpg
ネックはハードメイプルとオバンコルの5ピース構造です。
本家ファイヤーバード同様、ボディバックに大き目のランバーコンタードを施してあります。
ボディエッジは、TaNaさんの指定により、本家ストラトと同じ半径の丸角加工をしております。

 ボディトップのアップです。
DSCN1857_convert_20140519150509.jpg
ピックアップはEMG社製のSA+SA+81のセットです。
トレモロユニットはフロイドローズです。
コントロールは1ボリューム+5WAYスイッチのみです。
例の如く、木川屋定番のボリュームノブ落とし込みを施しております。
ホント、模様が綺麗ですね。
色もオーナー様の髪の色にそっくりw

 ボディバックのアップです。
DSCN1856_convert_20140519150448.jpg
アクティブピックアップなので、ゴトー社製の電池ケースを埋め込みしております。
スプリングキャビティの蓋は付けない仕様にしました。
プロミュージシャン3人目と言う事で、シリアルナンバーは「003」です。
表に比べて裏はおとなしめですが、それでもステージ照明と同じ電球色の光が当たるとリンゴ飴の様な色になります。

 アウトプットジャックのアップです。
DSCN1867_convert_20140519150638.jpg
これまた木川屋の定番化している船形ジャックプレート落とし込み。
ステージでワイヤレスシステムを使用するギタリストさんに好まれる仕様ですね。
ストラップの背中側に付いたトランスミッターまでのケーブルの取り回しがスマートなんだそうな。
ちなみにこれが電球色の当たった色です。

 指板のアップです。
DSCN1869_convert_20140519150724.jpg
指板はエボニー+白バインディングで、トップポジションマークは無しです。
毎度思うのだが、俺には絶対に弾けない自身があるw
サイドポジションは黒フチ付きの2ミリ径のルミインレイです。
フレットは国産のジャンボフレットです。

 例の如く・・・
DSCN1847_convert_20140519003750.jpg
結構派手に光ります。
発光色は、緑です。

 ジョイント部のアップです。
DSCN1868_convert_20140519150700.jpg
ヒールレス加工をしております。
ネック側も、ボディのヒール形状に合わせてギリギリまで肉を落としておきました。
ネックのシェイプは、TaNaさんの指定でジャクソン社とアイバニーズ社のシェイプを足して2で割ったような感じにしました。
言葉で言うならば・・・・・うーん・・・ちょっとだけエラの張った薄いUシェイプ?

 ヘッドのアップです。
DSCN1862_convert_20140519150602.jpg
ボディとマッチングにしました。
こちらもタモ泡杢です。
ロックナットはフロイドローズ製、トラスロッドカバーは無しです。
ミディアムスケールなので、弦テンションきつめのヘッド角14度です。

 ヘッド裏側です。
DSCN1863_convert_20140519150620.jpg
ペグは信頼のゴトー社製で、しかもポストの高さが各弦毎に変えられるという優れもの。
こんな高級品俺は使ったことないぞ;
とにかく凄い機能な予感がしました。
ナット裏にはこれまた定番化しているボリュートを施しております。
やっぱこれがあると高級感が増すんだよねぇw

 以上がTaNaさんの「紅孔雀」でした。
お待たせしました、もうじきお手元に届きます。
末永く可愛がってあげてくださいね。


 さて・・・あれ?と思った方もいるかもしれませんね。
以前までの、白布を背景にするのを今回はやってないんです。
おかげで見てくれの悪い我が作業場がバックに映ってしまってますが><;
と言うのも、どうも白布を背景に使うと、白に反射した光の加減で光量過多になってしまうらしく、以前の写真の様に白くぼやけた画像になってしまうみたいなのです。
これは今後の課題ですなぁ・・・。
スポンサーサイト
 YOUさんからオーダーをいただいたRRVが完成しました。
奇抜な発想とこだわりのオーダーをふんだんに盛り込んだ1本です。
この1本が、今後の木川屋の方向性を示してくれた様に感じております。


 では早速詳細を紹介していきましょう。

 正面全体像です。
名称未設定+1_convert_20130709154233
トップ材には、このような仕様の関係でフレイムメイプルの天然木突き板を使用しておりますが、左右の茶色の部分が直線的に傾斜が付いているため、平面と傾斜のぶつかる峰の部分に突き板の厚み分の段差が出来ないように、バック材を突き板の厚み分平坦に削ぎ取った所に突き板をインレイするような形で収めてます。


 背面全体像です。
back_convert_20130709153704.jpg
ボディ材はアフリカンマホガニーです。
ネックは、ホンジュラスマホガニーとハードメイプルとオバンコールの5ピースです。


 ピックアップ・ブリッジ・ボリュームノブのアップです。
DSCN1520_convert_20130709154002.jpg
ピックアップはリア1発のみで、SEYMOUR DUNCAN社製のアルニコ2プロです。
トレモロユニットはフロイドローズ社製の物を使用しました。
突き板とは言うものの、天然木なだけに見る角度でホログラムの様に木目がうねります。
ボリュームノブは、ボディ傾斜と高さを抑える関係上、ザグリを彫って落とし込んであります。


 背面アップです。
DSCN1518_convert_20130709153856.jpg
トレモロスプリング部のカバーは付けない仕様です。
コントロール部のキャビティは、ボリュームポットがギリギリ納まる最小限の大きさにしております。
フルオーダー製作させていただいた2本目のギターにつき、ナンバーは「002」です。


 ネックジョイント部アップです。
DSCN1519_convert_20130709153942.jpg
「スルーネックに迫るハイポジでの演奏性を」と言うオーダーにより、強度ギリギリまで傾斜を付けた上で、更に角を丸く削りこんでおります。


 アウトプットジャック部アップです。
DSCN1521_convert_20130709154037.jpg
ザグリを彫り、舟形ジャックプレートを落とし込んであります。
本家J社の弱点克服と装飾性アップが狙いです。
ボディのマホガニー部分の傾斜加減が判るでしょうか?
名前の「Bevel」の由来にもなっている通り、真下から見るとかなり坂になってます。


 ヘッド正面アップです。
DSCN1526_convert_20130709154142.jpg
オーナーのYOUさん考案の「ランディヘッド」w
在りそうで無いこの発想には脱帽しました。
しかもこのヘッド、ボディのミニチュア版とでも言うべく、やはり両端が斜めになっているんです。
従って、平面と斜面の峰にかかるペグワッシャーはザグリを彫って落とし込みで収めてあります。
木川屋ロゴは可能な限り大きくしてアピールさせていただきましたw
ロックナットはフロイドローズ製で、トラスロッドナットのカバーは付けない仕様になってます。


 ヘッド裏側アップです。
neckback_convert_20130709154211.jpg
ロックナット裏は、強度確保と装飾性アップのためにボリュートを設けております。
ペグは信頼のGOTOH社製です。


 指板アップです。
DSCN1522_convert_20130709154057.jpg
指板材はエボニーで、指板外周には実は黒のバインディングが巻かれております。
バインディングがあると、将来木が痩せてきた時にフレットの足部分が飛び出してくる心配が無くていいですよ。
フレットはいわゆるジャンボフレットで、24フレットレギュラースケール仕様です。
なんと!ポジションマークは無しです。
ちなみに私は弾けませんでしたw


 サイドポジションのアップです。
DSCN1523_convert_20130709154116.jpg
ステージでの使用を考慮して、直系3ミリの大き目のポジションマークを入れております。

 そして例の如く・・・
DSCN1513_convert_20130709153829.jpg
派手に光ります。
やはり直径が大きい分、光量もかなりあります。



 付き合いが長かったこいつを嫁に出すのはなんだかとっても寂しいです。
ご主人様にたくさん可愛がってもらうんだぞ。
そしてご主人様、宣伝も大いによろしくですw

 ってことで、プロ使用ギターの2号機も無事完成しました。
今後も皆さんの希望を可能な限り形に出来るよう精進するつもりでおります。
今後とも木川屋をよろしく&まずはお気軽に相談してみてください!
 MASAさんからオーダーをいただいたRRVが完成しました。
奇抜なアイデアを多数提示していただいた事により、私自身のスキルアップのためにも一役も二役もかってくれた一台です。

 手工芸の木川屋の今後を支えていくであろうギターになってくれることを祈りつつ、盛り込んだアイデアや仕上げの詳細を紹介していこうと思います。


 正面全体像です。
masav_fw_convert_20120714190640.jpg
ボディトップ材は、センターから2分割するような形で、左側がタモ(ジャパニーズアッシュ)の泡杢、右側がタモの平杢をバック材にラミネートしてあります。
外周には白のバインディングを施工してあります。


 背面全体像です。
masav_rw_convert_20120714191142.jpg
ボディバック材はアルダーです。
ネックは、ハードメイプルとオバンコールの5ピースです。


 ピックアップ・ブリッジのアップです。
masav_pu_convert_20120714191923.jpg
ピックアップは、フロント・リア共にTONERIDER社のアルニコ2クラシックをインストール。
トレモロユニットは、フロイドローズ社の物をインストールしました。
見る方向によって、木目の光り方がウネウネと動きます。


 コントロール部のアップです。
masav_con_convert_20120714192450.jpg
1ボリューム・2WAYセレクターです。
本来付いているピックガードを付けずに、RRV本家のピックガードの形を踏襲したオバンコルの板をインレイの様にボディにはめ込んで接着しました。
飛び出しの高さをいくらでも押さえるために、ボリュームノブとピックアップセレクタースイッチの周りを掘り込んであります。


 背面スプリングキャビティ部のアップです。
masav_sel_convert_20120714193311.jpg
スプリング部のカバーは付けない仕様となっております。
常時スプリングを3本しか使用しないため、キャビティには余分な幅を持たせずに、パーツに合わせて斜めに施工しております。
プロミュージシャン使用第1号機を記念して、シリアルナンバー001のプレートをはめ込みしております。


 スプリングキャビティ内部です。
masav_tl_convert_20120714204830.jpg
トレモロユニットをアームダウン専用にしつつ、今後いつでもアームアップも可能な仕様に戻せるようにと言うオーダーにより、アクリル製のスペーサーを製作してボルトオンしました。
同様の役割を果たす、バネの力を利用した物もありますが、「動きづらい」のではなく「動かない」様にするために設計しました。
取り外しは、スプリングを1本外し、ネジ1本で簡単に出来ます。


 アウトプットジャック部のアップです。
masav_oj_convert_20120714193939.jpg
本家の弱点とも言える、舟形ジャックプレートの浮きを解消し、装飾的付加価値を付ける意味合いもあり、ジャックプレートが沈み込む様に一段掘り下げております。


 ネックジョイント部のアップです。
masav_nj_convert_20120714194351.jpg
ジョイント部は、ハイポジションでの操作性を考慮し、強度的問題が出ない程度に斜めに削り薄くなるように仕上げております。


 ヘッド前面のアップです。
masav_hf_convert_20120714194713.jpg
ヘッドのトップ材は、タモの泡杢を使用し、ボディ部に対してマッチドヘッドとしました。
トラスロッド調整ナットのカバーは付けない仕様です。
ヘッドにもボディ同様、白のバインディングを施工しました。
「KIKAWA-YA HANDICRAFTS」のロゴデカールを、クリア塗膜でコートしております。
ロックナットはフロイドローズ社製。


 ヘッド背面のアップです。
masav_hr_convert_20120714195233.jpg
ナット裏には、強度確保と装飾の目的でボリュートを付けました。
ダウンチューニングでの使用が多いため、弦のテンションを稼ぐためにヘッド角度は14度となっております。
ペグは定番、信頼のGOTOH社製のロトマチックタイプです。


 指板アップです。
masav_fb_convert_20120714195856.jpg
指板材は、ウェンジを選びました。
独特な模様で、重量は軽いのにかなりの硬さを持った木材です。
フレットはジャンボフレットをインストールしました。
指板もボディ・ヘッド同様、白のバインディングを施工しております。
ポジションマークは白蝶貝削りだしです。
指板の材質のせいか、生音がかなり大きいです。


 サイドポジションマークのアップです。
masav_pm_convert_20120714200413.jpg
サイドポジションには、MASAさんからのご教授で、ルミナリーをインストールしました。
基本的には白に近い色なので、白いバインディングに埋もれて目立たなくなる事が無いように、黒の縁取りが付いた物を選択しました。
このルミナリー、どういう代物かと申しますと・・・


 ステージに良くある暗さでご覧ください。
masav_lum_convert_20120714200931.jpg
この様に結構な明るさで光ります。
従来もこのような蓄光材質はあったのですが、ここまで光る物はありませんでした。
これですと、真っ暗闇はもちろんのこと、薄暗い感じのステージでもポジションがよく判りますね。
加えて従来品ですと、このように光を発する状態になるまでに、結構な時間日光や蛍光灯などで光を貯めなければならなかったのですが、この材質は専用の小さなLEDライト(長さ5センチ・太さ1センチ)で1箇所あたり3~5秒照らすだけ。
曲間のMCの間で充分光を溜め込むことが出来るという優れものです。

 興味をお持ちの方はこちら→ルミナリー



 こんなわけで、プロ使用第1号が完成したのでありました。
末永く可愛がっていただけることを祈っております。
そして今回の製作は、本当に色々なアイデアを聞かせていただき、本来ギタリストではない私の知らないことを沢山教えてもらいつつ、楽しく製作に没頭できました。
ありがとうございました。



 さて、気になってる方もいらっしゃるでしょうから、話しちゃいましょうか。

 MASAさんと私は、高校の頃知り合った同郷の同い年の友達なのです。
MASAさんは当時から独特のオーラを纏っており、両親が公務員でカビ臭い育てられ方をした私にとって衝撃的な出会いだったことを今でも忘れておりません。

 彼は単身上京し、私はと言うと口先だけは「プロになりたい」と言いつつも、ぬるま湯のような生活を捨てるほどの根性も無く、しかし形振りだけはMASAになりたいと願い、結局地元で燻っておりました。

 時が過ぎて、メジャーデビューを果たし、某ギター会社のカタログに載っているMASAさんを見つけて、それはそれは自分の事の様に有頂天になりつつも、どこか手の届かない所に行ってしまったような気持ちになり寂しいと感じていた時でした。
連絡先を調べてくれてまで「ツアーで地元も回るから顔を出せ。」と電話をもらった時は、本当に嬉しかった。

 それから私は、勤務先で物作りの技術を習得せんがために修行して、独立して今に至ってるわけでありますが、形は違えど、ステージには立てなくても、音楽に携わる裏方としてギター製作家を生業としております。
これでやっと少しだけMASAになれた様な気がしました。

 素敵な出会いと素晴らしいチャンスを与えて下さったMASAさんに、心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
タイトルのバックにも登場してる、手工芸の木川屋製オリジナルシェイプエレキギターの「レイヴン」を紹介しちゃおうかな。

 詳細なスペックなんかもちょっとだけ真面目に載せようかと思う。
もしかしたら興味を持ってくれて、「そいつを譲ってくれ!」なんて言う酔狂な読者さんが現れるかもしれないじゃない?w
一応作って売るのも仕事なわけですし。


 さて早速。

 前面全体像です。
raven_f_convert_20120511025046.jpg
名前の通り、鴉をイメージして作りました。
ボディ材は、アルダー3ピースで、カラーは画像では判り辛いけどブラックメタリック。
ちなみに塗装は、耐久性を重視しつつ出来るだけ薄く仕上げるために、すべての部分を2液型ポリウレタン塗料を使用しています。


 背面全体像です。
raven_b_convert_20120511025312.jpg
ネックは、ハードメイプル&ブビンガの5ピースです。


 ブリッジ部のアップです。
raven_fu_convert_20120511025426.jpg
ご覧の通り、かなりの数の面を組み合わせて作りました。
派手ですねw
ブリッジは、ゴトー社のチューン・オー・マチックタイプ。


 コントロール部のアップです。
CA3F0055_convert_20120511025538.jpg
コントロール系は、1ボリューム&トグルPUセレクターで、あまり出っ張らないようにノブとスイッチの周りを彫り込んでます。
ピックアップは、フロントがディマジオ社のエアノートンS、リアがディマジオ社のトーンゾーン。


 ボディ裏面アップです。
raven_bu_convert_20120511025643.jpg
弦は裏通しにしてあります。
アウトプットジャックは、舟形プレートを面一になるように周りを彫り込んでから取り付けてあります。


 指板アップです。
raven_fin_convert_20120511025859.jpg
指板材は、エボニーで、648スケール(レギュラー)24フレットです。
フレットは国産の背の高い幅広の物を使っています。
ポジションマークは、白蝶貝です。


 ネックジョイント部アップです。
CA3F0058_convert_20120511025756.jpg
ハイフレットを弾きやすくするために、ヒール部分を可能な限り削りました。
ネック側のジョイント部も、ヒールに合わせてギリギリまで削り込んであります。


 ヘッド前面アップです。
raven_hf_convert_20120511030030.jpg
ナット材は、カーボン製の物を使用しました。
ペグはゴトー社の物です。
ロゴマークは「KIKAWA-YA HANDICRAFTS」のデカールを塗膜でコーティングしてあります。


 ヘッド裏面アップです。
raven_hb_convert_20120511030149.jpg
ヘッド角度は10度です。
補強と装飾の意味合いで、ナット裏にはボリュートを付けました。



 と、まあこんな感じで詳細は伝わったかな?
元々変形ギターが好きだったから、作ってて楽しかったんだよなぁ^^
高校卒業してすぐの頃、生まれて初めて自分で稼いだ金で買ったギターがB.C.RICH社のワーロックっていうとんでもない形のギターだったからなぁw
今思えば、弾けもしないのによく買ったなぁ・・・と。


 「酔狂な人が~」って書いたけど、必死で売りたいかって聞かれたらそうでもない。
元々自分のために作ったギターだからね。
学生の頃からの夢だったんだ。
世界で1本しかない自分だけの形のギターに自分の名前を入れるのってさ、ギターやってれば誰でも一度は夢見るんじゃない?
そうして作ったギターだからさ、生意気で悪いけど、そう簡単には手放したくないんだよね。
まかり間違って万が一にだよ、「売ってくれ」って言う人が現れたらさ、その時は「同じ形の色違いの物をオーダーして下さい。」って勧めるね。
だってギター屋だしw



 値段じゃないんだ。
俺の育てた娘をどう愛してくれるかが一番なんだ。
新婚初夜に亀甲縛りぶちかますような輩には間違っても嫁に出したくないからねw

 ってなわけで、木川屋をよろしく^^

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。